レプティリアン

未分類

現代の学校で習っている五十音図の「あいうえお」の順は、

科学を進化さすために使われた言霊。あの次にか行で始まる欲望をかき集めると言う作業を産業革命後ずっとしてきている。

人も、宇宙も
「あいうえお」の順序から
「あおうえい」へと移行することで、
スムーズにエネルギーシフトが起こります。
もう、学ぶその時期が来たと言うことです。

言霊学、古事記との関わりとか、書きづらい事柄は、
この先は、応援していただける方に共有していけたらと思います。m(__)m

まだまだ、洗脳によって教育を受けてきた為に、ネガティブな思考へと直ぐになりやすいので、

互いに気分の悪くなるような事は、する必要もありませんし、そのような事は無くしたいので。
いい方向に進めるよう
同調して頂ける方の訪問を、今の所望みます。

私の勝手ではありますがよろしくお願いします。

今回は前回の続きから、レプティリアンは私達にとってどうゆう存在なのか😑。

太陽は、恒星で、
(恒星とは、自ら光を発し、その質量がもたらす重力による収縮に反する圧力を内部に持ち支える、ガス体の天体の総称)
その太陽は銀河系の中にあり、
銀河系に星は、
約1000兆個の星がそんざいしている。さらにこの銀河系と同じようなものが数千あるという科学者。
宇宙人に訪ねると、目に見えないものまで入れると、さらにあるという。
想像もつかない😅それぐらいあるのだから他に、生命体が存在しないはずがない。

私たちは生命体の事を、
自分達と同じ形をしたヒュウマノイド形を探そうとし、ヒュウマノイド形だけが知的で、
宇宙人と思っていて、見つけるには大変だと思い込んでいる。
これも科学者達が思っているだけで、庶民はたいして気にもしてません。そんなことよりイベントに夢中で、他人の目を気ににしてインスタ芽生え、で!?

ちゃんと目的があるなら、先に何か有りそうですが、
只載せるだけだと先に何かある、盛って写したところでそれもう嘘やん????。

一般人のレベルだと星の数さえ、夜に上を見上げて沢山あるね〰️😙くらいで、全く興味がないと思います。

ヒュウマノイド形以外にもいっぱい居て、小さなバクテリア形、昆虫、犬、猫形もいる。犬や、猫も地球外から来てる。
私たちは酸素が必要だが、
窒素を吸って、いきる生命体もいるかもしれない。

これを読んでいる方なら、これだけの星が存在しているのだから、地球人一種族な訳がない、
宇宙人、生命体が存在する事を、あやふやで見えないから解らないじゃなくて、もう受け入れてみてはどうでしょう。
否定する理由も見当たらないでしょうし。
実際に会ったり、見ていなくても、絵や立体的に表現されているものを私達は見ています。
別の言い方を古くからしているため認識していないだけです。
例えばその存在は、蛇の形をした神だらけです。

今の人たちよりも古い時代の人は、原始的だから、壁に描いたりしている絵が幼稚で大まかで、半分誇張したものだと思いがち、少なくとも私は。
手の運びが不器用な為筆など使わず、石の破片などで書いたから実物よりかけ離れたものが遺跡に残っているのかと。

現代に近づくほど、紙の書物にきれいに書いてありますけど、UFO みたいな乗り物が、どんぶり鉢だったり、首飾りなどの飾りを沢山つけた人が便器に座った感じでロケットを操縦してたり、少し滑稽に見えてしまうから、想像豊かな、半分創作?と、認識していました。

でも今は、もの凄く忠実に見たままを書いているのではないかと思ってきました。

遺跡に残る半身が蛇、背中には大きな羽根の巨人の絵
インドの神も鼻が像の鼻。手が沢山生えている、腰から下は鱗だらけの爬虫類の蛇。肌の色も青い。
その形をした者が、空から降りてきた事を忠実に書いたんだと。嘘でもなんでもなく、誇張もなくありのままに。

この爬虫類達が、神だと信じこませ、崇めたてさせた、
それこそがヒト形爬虫類のレプティリアン達。

そして今の科学で証明出来ない!などと言っていますが、
宇宙人に言わせれば、その科学でさえこの宇宙の中では、1%にも満たない知識であり、
地球の学者は何も知らないのに語っている事になります。

ここも前提で、私たち地球の人類が決して中心的な立場ではないと言うこと。

これから書くことも、私達人類が中心で無いことが解ります。😅
私達はレプティリアンがいなければ存在していない、、、、
この先はnote 方で。
https://note.com/inudosikun50

コメント

  1. watch より:

    I wanted to send you one very little note to say thanks a lot as before over the striking knowledge you have discussed in this case. It is generous of people like you to give without restraint all that most of us would have offered for an ebook to make some bucks on their own, notably now that you could have done it in the event you decided. Those suggestions likewise served to become easy way to be aware that other people online have the identical dream really like mine to understand a little more with regards to this condition. I believe there are a lot more enjoyable sessions in the future for those who discover your site. Lucita Caz Mosby

タイトルとURLをコピーしました