もう一度登場!武内宿禰

未分類
DSC_0390

武内宿禰

歴史上もっとも謎の多い人物ですね。

卑弥呼さんからの大神官であり、職を解かれ名前を変えての浦島太郎ですし、現代人の寿命の常識では考えられない程、長生きなのは当たり前、ご先祖とアーリア人の混血種なのですから、

日本書紀では
齢300年を数え5代の天皇に使えたとあり、逆に考えれば彼が天皇で有ったとしても不思議ではない。
仲哀天皇・神功皇后を補佐して北九州に出陣されご活躍になったことは有名で、
ご幼少の応神天皇(八幡さま)を抱き奉る姿は五月端午の節句に掲げる幟の絵柄となっております

神功皇后(じんぐうこうごう)
が、
夫である仲哀天皇急死を受けて、新羅(シラギ)遠征軍を率いる事になった時には、武内宿禰が神功皇后の補佐役となって遠征の勝利に貢献している。

武内宿禰を、お祀りする神社

宇部神社は、孝徳天皇大化四年(648)の創建と伝えられ、
延喜式では県下唯一の名神大社、また一ノ宮として崇敬篤く、明治四年には国幣中社に列せられました。

現在の社殿は、明治三十一年に完成しましたが、
翌三十二年には全国の神社で最初に、命の御尊像と共に五円紙幣に載せられ、
以後大正・昭和と数回当社が五円・一円紙幣の図柄となりました。

おかねに御縁があり、商売繁昌の神様として全国からの参詣が絶えません。

竹内宿禰命は、神功皇后(女帝)と共に朝鮮出兵をする途中、
今の岡山に来た時、鳥取の国府町で反乱が起きその反乱を鎮め
国府町(=因幡;いなば)に住み着いたと言われている。

鳥取・因幡国一の宮 宇倍神社
ホームページです。

正面に社殿があり、左手に社務所。社殿の背後の丘の上には、祭神・武内宿禰命終焉之地と言われる亀金岡があり、「双履石」という石が祀られている。

亀金に双履を残して行方知れずとなった。因幡国法美郡の宇倍山の麓に神の社あり。

何故か行く気になり、行ってきました。

武内宿禰命の終焉の地と考えられています。
この双履の跡の下から粘土床を有する古墳が発見された。
地下1.2mの所から竪穴式石室が発見され、古墳時代前期末から中期の円墳(もしくは前方後円墳)の1部であることが判明した。
古鏡1、管玉1、小玉1がさ出土した。天皇家の菊の紋と亀の紋。

武内宿禰のもうひとつの特徴は、神事に関わり神主、霊媒者として特殊な能力を発揮することである。「日本書紀」には、神功皇后が神田の溝を掘るときに大きな岩が邪魔になったが、武内宿禰が祈ると落雷が岩を打ち砕いたという話がでてくる。このほかにも霊能力の高さを感じさせるエピソ

伝説的に作られた人物像である。
そう思われても仕方がないですね😃。
中等生命体の科学を、多少使っていたかも知れませんね。

そして彼は、7人の男子と2人の女子をもうけ、その子どもたちがそれぞれ蘇我(そが)氏・平群(へぐり)氏・紀(き)氏・葛城(かつらぎ)氏など27氏の祖先になったといいます

この蘇我氏。
蘇我入鹿を殺したとされる藤原氏、
蘇我対藤原氏の勢力争いの戦いは、今だに続いている。
ご先祖子孫対ズル賢い朝鮮人。今の日本と韓国の関係を見ればよく解ります。

もうひとつのブログにも書きましたが、行動範囲の中に
武内宿禰、芦屋道満、ご先祖に関係する二人の祀られている場所が有るとは。なぜか伏線の様に思われます。

高等生命体。
関連で、卑弥呼時さんも時代時代で、5代名前を変えているそうです。

天女系宇宙人の卑弥呼さん、3桁の数字だと(139)、卑弥呼さんの妹ヒミヤ(138)さんは3,500歳のお姉さま。おばあちゃんと呼んだら怒られて、お姉さまと呼びなさいと言われたそうです。😅 

宇宙では数字3桁が名前(ご先祖達の子宮産んだら)で、 坂本廣志氏の名前は287(フヤナ)

卑弥呼さん達天女属の羽衣は、ごわごわしていて柔らかく無い。温度調節機能付きで、マイナス50度でも寒くない。防寒着宇宙服。

●菅原道真(すがわらのみちざね)も、天女の子供でした。
この前私も行ってきた大宰府ですが、あの時、芸人の又吉さんも、テレビの撮影で来られてました。
 
道真の昇進を妬んだ貴族たちによって大宰府に流され、不遇の死を遂げました。
我が子を殺された母親の天女が、藤原氏を滅ぼしたそうです。😅

●木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)は天女でかぐや姫の母親 
瀬織津姫も天女!
瀬織津姫この方は「清めてくれる」神
アマテラスオオミカミの荒神等、
じつは天女さん。

アニメ映画『君の名は。』出てくるキャラクーが瀬織津姫とその謎をモチーフに描かれている・・という説があります。
もう一度見直すのと面白そうです。

天女系宇宙人は、地球で子供を産んでも女の子は宇宙につれていくが、男の子は置いていく、知識が入らないので。

コノハナサクヤヒメこの神社も、岡山県倉敷に有りました。
熊野五流一山の修験道場として栄え、近世においては備前池田藩累代の御祈願所として崇敬された。
 木華佐久耶比め命は、大山祇命の御子であり、天照大神の御孫、瓊々杵命の御妃となられ、桜の花の如く心身ともに麗しく日本国最古の国母の女神である。

神話では
木花之佐久夜毘売は一夜で身篭るが、邇邇芸命は国津神の子ではないかと疑った。疑いを晴らすため、誓約をして産屋に入り、「天津神である邇邇芸命の本当の子なら何があっても無事に産めるはず」と、産屋に火を放ってその中で火照命(もしくは火明命)・火須勢理命・火遠理命の三柱の子を産んだ(火中出産を参照)。火遠理命の孫が初代天皇の神武天皇である。

なかなか、関連した神社がちりばめられています。🤔

狛村色四郎左衛門
狛村色四郎左衛門

狛犬のキャラクターが完成❗️

Yosimitu ( Inudosikun50 )のオリジナルアイテム通販 ∞ SUZURI(スズリ)
公式アイテムの通販サイト「SUZURI」。Yosimitu ( Inudosikun50 )のオリジナルアイテム販売中。オリジナルアイテムを在庫無しで1つから手軽に作成・販売できるサイト、SUZURI(スズリ)。自分だけのTシャツやスマホケースなどを簡単につくることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました