朝鮮人VSご先祖系列

藤原氏の話はここでは少しやめます。別の場所で。
軽い触り程度で、ここがそもそもの元凶。
現代の、今日本人の私たちが置かれている状況を創った始まりなので、知るか知らないかで、モヤモヤがハッキリと浮き彫りになります。

藤の花言葉を知っていますか?
死んでも離れない。忠誠とかもありますが、、、。

絡み付いて離れない、ツル植物です。
他の木に絡まないと成長できずに、絡んだ親木を枯らす場合がある樹
藤に絡みつかれた木は必ず枯れると言われています

表の天皇家
兄の藤の木に絡みつかれ相互依存して立っている弟の藤の木であることが分かってきます。

藤原氏と今の天皇家は同じ「藤」の血筋で同じ百済王族の血筋
藤原氏は、百済の王子豊璋こと藤原鎌足の子孫で
今の天皇家がその弟王子善光の子孫です

聞いたことありますね善光(ぜんこう)と言う言葉。ピンときた方鋭いです❗️

この後、坊さんが力を握ります。天皇が坊さんの姿の絵が多いはず。
政治に影響力を、そして治外法権のように、口出しならぬ‼️寺は特別扱いになります。おかしいと思ったあなたは健康です。

これが現代にも引き継がれている理由。🙈🙉🙊🙈🙉🙊🙈🙉🙊。

鎌足と不比等(鎌足の次男)。
仏教を積極的に取り入れ国づくりを推し進めます。 
当時の天皇は神道の保護をしなかった。
古来からご先祖の道徳、神道のしきたりを持っていた物部氏を排斥(好ましくないとして、しりぞけること)した。 

こうして朝鮮人VS先祖系列日本人の対決の始まり。

仏教の力と律令制度により、一元化をはかろうとした藤原氏。 

古事記や日本書紀などを改ざんし蠱毒(目玉)を日本に持ち込み自在に人を操り殺した
ちなみに
桃木は穢れた魔物や、悪霊が大変嫌います。お守りには最適。

そして藤原は、自らは戦わず自分達を守るために専属の兵隊をつくった
それが武士の源氏。

加賀の国の藤原氏は加藤、伊勢の国の藤原氏は伊藤、と地盤となった国の名を取って家名を変えていきました。
明治になって苗字が義務づけられるようになると、名門・藤原氏にあやかろうと、ゆかりの無い人々も「藤」の字が入った苗字を名乗るようになったのです。

あやかってつけた方もおられるので、全てとは言えません。

話によると。
藤原氏の不比等が、天皇に成り変わろうと企み草薙の剣を持ち去りましたが、

勝手に空中に浮いて切り殺し、元の場所に戻ったと言う話もあります。

まだ乗っ取られる前の天皇は、剣の扱い方を知っていたのか天皇としての能力があったのでしょう。

草薙の剣(オリハルコン)ひとふりで、1000人単位でしんでしまう剣です。

天皇がこんな怖い剣は神社で、管理しろ❗️と、勉強を怠った天皇は能力を使えず、怖がるはめに。(入れ替わっているため扱えない)

そしてもうひとつの神器の勾玉。
モーセが持ってきた十戒石が入っていた契約の箱。
中には砂が入っていて、
開けるとその砂から光生命体が霧状に、ふわぁーと飛び出してくる。
それを見たら死んでしまう ( それくらい力が強い、人間にはきつすぎる)
その光生命体が勾玉の中にも入っている。

勾玉の もうひとつの役割。
翡翠でできていますが、鏡(銅鏡)の上にのせたら先の細くなってる方が北を指すと言う事です。羅針盤の役目です。

これは、天皇に関係する話ではありませんが、
その北の方角、今見ている北極星ですが、あれは天体では無くパネルに映し出された映像。プラネタリウムのようなものが上空に、存在しているそうです。

本当の北極星の位置は北西の30度下に有る、それはブラックホールでも有ると。🙊
600キロ上空に、パネルがあります

最初地球に来たとき、夜月が出ているときは明るいが、出ていないときは真っ暗だったので寂しいから、88星座をパネルに映し、星達を見せ寂しくないようにした。それが7万年前。

星雲等は、実際に存在していますが、物凄く遠くて、肉眼で見えることは無いそうです。
実際に携帯を宇宙に飛ばすプロジェクトで、実験したようですが、その方達も、ひとつも星が見えないと、映らないと言われたそうです。

NASA はいろいろ人々には、まだ言えないことが有るようです🙊🙊

否定ばかりの世の中になりますが、星座に関するものはあてにならないと言う事になります、映像の作り物です。

本来北と南の境目の電磁波はあるそうですが、東西は存在しない。東に進むと元の場所に戻ってくること。

これは密教にも書いてあるそうです。宗教の裏を知るとガックリ来るよ!と言われてました。

そして、方位が悪いと言うのはほとんど無くて、それを理由にして商売であること。悪いなどといって、、、、、、。

護符のなかには書いてあるそうなんですが、お寺では🙈🙈中は見ては、イカン!🙈🙈と言われている。
タブーと言うか、祟りが有るような気になります。

デスガ古い護符の中を開けてみたら
どの方角に言っても大丈夫と書いてあるそうです。🙊🙊🙊

護符は、一年たったら効力がきれると言われるのは、売れないからこれも商売。来年も買わすため。

普通のお守りなどは、魔物と一回戦ったらそれで効力はなくなっているそうです、いつまでもお守りの力は続かない、終わり。

悪霊とかは全て、人間と言う事です。動物は、祟ったりしない。
狐憑きとかは、オーラー(気、エネルギーが見えるとすると)が狐の形に見えるから狐憑きだと言うことです。
特徴はやはり目つきが違います、たれ目の方だったらイッパツで、わかりますね。あと動物の狐にはあまり関係ないらしいのですが、油揚げを好む事、好んで買ってみたり、きつねうどんのアゲを焚いてみたり、それからとにかく掃除をします。お酒によっていたりすると特に。

この世に未練等、霊界(亜空間)に、行かず漂っている。性根が曲がっていて、気のよわいひとに影響を及ぼすようです。

藤原氏は、帰化して日本に住み着き、
それも仏教を広めることで、
ご先祖から、イエスさんと引き継がれてきていた神道を排斥して、お寺を隠れ蓑にし、手出しをさせないように良くできている。さすが❗️
百済のやりたい放題、そこに手をいれたのが織田信長なんです。知っていました、信長は。

私も少しずつ見えてきました。

●ご先祖からの天皇家、
神武天皇(モーセはユダヤ人。スサノオと、アーリア人ご先祖)の孫。
日本武尊(やまとたける)と神功皇后(じんぐうこうごう)の仲哀天皇等。

●大国主の家系(スサノオ属)、物部。
●縄文人
●八咫烏、イエスさんの弟子の家系
●平氏

VS

〇朝鮮人百済の王子(鎌足)、藤原氏
〇百済の第二王子(善光)、そのあとの天皇家
〇弥生人
〇源氏
〇秦の始皇帝(ユダヤ人)中国経由、秦氏

渦状紋は爬虫類系の宇宙人の血が入っている ※流れている指紋はご先祖の宇宙人

コメント

タイトルとURLをコピーしました