貴方はイエスですか?イエス。本当は誰ですか?👺🛸👺🛸👺

天皇とイエスの関わりについて。

天皇は今も続いている流れで、沢山の事が有りすぎるので、
先にイエスの事について。

イエスはアダムとイヴの子供セツの子孫となってはいますが
聖書の中身はイエスも書いていませんし、神の啓示を受けた40人くらいで書かれたり、人間の書物。

イエスは、

天皇と地球外中等生命体グレーとの混血として高等生命体により創られました。

中東地域や中国などアジア大陸中心に道徳を広めることを任命された方です

家系でいくと、ここにモーセが出てきます。
モーセは、ユダヤ人です。エジプトを出て実は、日本に来ています、
最初に来たのが九州で、そのあと四国の剣山。そして長野県の諏訪に、諏訪大社の下には、モーゼが眠っていると言うことです、お墓ですね。

その辺りには、モーセの旧約聖書の教えがまだのこっているようです。

モーセは、人類史上最強の超能力者でした。
宇宙人や混血種ではなくて、あくまでも人間です。
有能な為に高等生命体によって選ばれました。(機会がまたあれば)

日本に来たモーセと、スサノオ属(アーリア人)の子供が、
最初の日本人の天皇になったと言われる
神武天皇です。
(高等生命体からの天皇は代々続いていました、神武天皇は、人間として日本の天皇になった初めての人)

そして天皇と中等生命体グレーとの子供がイエスです。
そしてヤコフによって、マリアさんに育ててもらうように託しました。

イエスは後に、又UFO🛸 に乗って日本に帰ってきています、ヤコフは、日本の神道(道徳)の知識を教え込みます。そして、習得出来たところで中東にUFO🛸🛸 で戻り任務遂行です。

中等生命体の混血種になるので、癒す能力も受け継いでいました。

宇宙人の科学で、影分身を作り出すような、立体ホログラムを扱う事、喋りながら、何体もを動かすのはかなり難しいらしく、ヤコフが、イエスの立体ホログラムを操って演説なども助けていました。

でないと、一人でそんなに広範囲を癒し、助けて回れませんし、広めるのが目的なので、同時にイエスが、出現。

奇跡も、立体ホログラムで。
立体ホログラムは、痛みも受けますが、本体が死ぬまではには至りません。
海の上を歩いたとか、5つのパンと2匹魚が5千人が、食べられるほどにも増やしたとか、
最後には、天昇っていったとかの話、

ユダヤの宗教的指導者たちは、「自分を神の子だと言うこのイエスは神を侮辱している。したがって、旧約聖書のモーセの律法に基づき、彼は死刑に処せられるべきである」、と主張しました。

人間の罪の罰を肩代わりさせるためにご自分の御子を人としてこの世に遣わし、十字架で死ぬように計らいました。
御子の贖いの御業に基づいて、神様はすべての人間のすべての罪を帳消しにし、永遠の死の裁きを受けるはずだった人間をその裁きから救い出してくださったのです。

と皆に都合よく、イエスの死を使いキリスト教を広めていった。😭
後はみなさんが知っているように。カトリックは、免罪符を買えば罪が消えるなどとお金を取り、分裂しながら今に、、、、。バチカンはとんでもないことをしているようですが、、、、、😱😱
置いといて。

役目を終えたイエスも日本に戻ってきます。四国の剣山に。
そのときは200くらいの信者、弟子と一緒にでした。
剣山にはその人達200人くらいの骨があったそうです、当時のマッカーサーに、知らせが有り、調べたところ骨も大きく日本人ではないとわかったらしく、全てアメリカに持っていってしまった。

イエスは、役目を終え皆と別れたのでしょうか?テレビでも放送されたようですが、天皇に許しをもらい青森の地に行きます。(弟子の8人はついて来ています)

青森県新郷村、旧戸来村(ヘライ村)は、ヘブライから、きていると思われます。
父の事をアヤ(ダダ)
母をアパ(ガガ)と行ったり、子供が、初めて外に出るとき額に十字を書くとか。イエスの娘が、嫁いだ沢田家の家紋がダビデの星形。等
👺👺👺👺👺👺👺👺👺👺👺👺👺👺👺
👺この地にイエスは来て大天狗太郎👺👺👺に、名前を変え、ゆっくり暮らしまし👺た。
👺👺👺👺👺👺👺👺👺👺👺👺👺👺👺
その時の子供は23、4人おられて。奥さんも4、5人いてたみたいです。
そこからの子孫なので、広がっていって日本人の何割かにイエスの血が入っている。
(シナイ山の洞窟には、弓なりの国に地球を救う救世主が現れると書いてあるらしいです。)

8人の弟子たちは、後の八咫烏になります。

イエスが死んだあと、骨は出され、弟子によって熊野三山に移動しました。
本殿の下に頭蓋骨を、両サイドに他の骨を埋めました。そして弟子たちは八咫烏になりました。(天皇家による熊野詣で)

まだまだ続きがありまして、弘法大師が、この噂を聞きイエスの頭蓋骨には、力が有るため、高野山の蛇柳の所に埋めすべての魔物をここで封印するために頭蓋骨を持ってきた。

弘法大師の素性が、
秦の始皇帝(ユダヤ人、ここも少しさらーっと行きます)も国を終われた時に、日本を目指します、不老不死、富士山(不死山)。この時逃れて来た渡来人が、秦氏達。

始皇帝と一緒に1等書記官が来ました。
空海は母親が佐伯 眞魚、 父親は秦の始皇帝の1等書記官。

イエスは、ユダヤとアーリア人(日本人ご先祖)と中等生命体グレーの血が入っていた。
キリスト(ヘブライ語で救世主の意味)教と言うよりは、道徳を(神道)を広めるために活動。

宗教と言うもの!権力者のいいように利用されてしまいました。

この実験も、どっちかと言うと失敗に終わっているようです。正しくは伝わらず権力者の道具になったのだから。残念。

弟です
弟です

前回のソドムとゴモラのロトの天使の助言の話です。

物質変換爆弾の所です、

天使たちはロトに対して、彼の妻と二人の娘たちだけを連れて急いで逃げるよう促し、彼らを連れ出した。

「いのちがけで逃げなさい。うしろを振り返ってはいけない。」(創世記19:17)
神は、アブラハムの甥のロトとその家族を町から救い出した後に、ついに天から火と硫黄を降らせ、それらの町々を焼き尽くした。アブラハムの執り成しも虚しく、それらの町々からは、十人の義人すら見出されることはなかったのだ。

そして、ロトの妻は「うしろを振り返ってはいけない」という天使の命令を無視したため、塩の柱と化してしまった。以上が、ソドムとゴモラの滅びに関する、聖書の記録の要約である。

ゴモラで見つかった硫黄には、地熱地帯で検出される硫黄とは、明確な違いがある。

通常、地熱活動による硫黄の場合は、その純度が40%以下である。ところが、破壊された都市で見つかる硫黄からは、そのような低い純度の硫黄は見つからないのである。したがって、遺跡で検出される純度の高い硫黄の源は、地熱活動以外によるものだったことは明らかだ。

ソドムとゴモラについても、それらの町々が滅びたタイミングは、ロトとその家族が町を脱出した後だった。したがって、その時に起きた現象は、どちらにしても神による介入を裏付けるものとなるのだ。
ソドムとゴモラの遺跡から発見される純度の高い硫黄の玉は、地熱活動などの自然現象ではないことがわかっている。ならばその原因は、神による超自然現象だったと考えるのが自然な選択ではないだろうか?

それらの町々の人々は、神を信じず、自分たちの欲望に従って生活し、性的倒錯と暴力の罪に陥っていた。彼らに下った神の裁きが歴史的事実なのであれば、これからの人類の歴史に対しても、同じような裁きを持って神が介入する可能性について、真剣に考えなければならない。

そして、義人であったロトが確かに救われたのであれば、私たちも同じように、神の裁きから救われる生き方について、十分に吟味する必要があると言えるだろう。

TRUE ARK
聖書の言葉とキリストを伝える情報総合サイトさんからです。

物質変換爆弾により、塩にかわっていった。

アゼツライトも次元上昇に関係しているみたいです。もう少し調べて見ます。テラヘルツで増強。

コメント

タイトルとURLをコピーしました