アマテラスの誕生🛐

未分類

狛犬君
狛犬君

ここまでのまとめじゃけん

宇宙人が集まり、あまりにも女性だけではさみしいので、男性を作ろうと、同じ高等生命体にまで進化させようとします。
一度目は他所の惑星で試しますが失敗に終わります。
二回目も、失敗
もう!やらないでおこうと言っていましたが、高等生命体第2の種族(ご先祖)がすると言い切り、地球に降りてきたことが始まりです。これが天孫降臨‼️。

そして、アーリア人(ここはスサノオ種族では無かったです)と言われる種族の男性の遺伝子を持ってきて、自分たちで妊娠して、たくさんの混血種が生まれました。その中で一番力が強かったのがスサノオになります。

下等生命体として生まれましたが、体が3m 50cm 有り大きかったので教育したら、脳に知識が入いり、中等生命体まて進化できました。
今回は成功するのではないかと期待されましたが。
高等生命体と中等生命体では扱いが悪く、男性は奴隷扱いだったようです。たびたび男性が反乱を起こしたりしていました。そして戦争になってしまいました。

これが5万年前ご先祖が初めて管理者によって高等生命体から、中等生命体におとされた出来事です。その時の再生計画ではソドムとゴモラの時のように兵器によって殺されます。そして物質変換爆弾で塩に‼️ロトの嫁のように塩に変えられました。物質変換爆弾の名残が死海と言うことです。

全部の魂が新しく再生され、前の魂は残っていません。新しくやり直し。

ここで地球が出来る前に、私たちが今存在できていた、日本語の中に縁があるとか、前世の過去の記憶が残っていると言う話があったりします。この事について、、、、そして少しさかのぼります。

魂がある前提で話をします。
集合体とか、魂は帰るところがあるようです。
そもそもひとつのものから別れたと言う話なので☺️。これが最近の言葉ではワンネスといっている。

天の川銀河

天の川🌌銀河がありました。精神と物質に別れたのが始まりで、
精神が巨大最高生命体です。210体の巨大最高生命体が浮いていました。

宇宙の外から円い球体が飛んできました。巨大最高生命体は、捕まえて中を見ると遺伝子がバラバラに入っています。そしてあーでもない、こうでもないと、しながら遺伝子を組み合わせ210の生命体を作りました。植物、昆虫、動物、人間、過保護に育ててしまったら、50億かけて進化してしまって、最高生命体に皆がなってしまいました。これではダメと言うことになります。

巨大最高生命体は、この最高生命体に、指示を出しました。

そのひとつが太陽系で、その太陽から物質に別れたのがさっきの最高生命体です、意思により高等生命体を作り上げます。

こうして太陽系の最高生命体が教えることによって地球に霊界と呼ばれる (亜空間)を作り出します。

霊界(亜空間)は地球にしかない特殊な空間 と言うことです。

最高生命体から高等生命体の科学者が教えてもらい作られた空間なので、
アインシュタインなどの相対性理論などはそもそも通用しないようですが😅。宇宙にも出たこともない人間が、理解出来る領域ではない。考えたら解ること、アインシュタインは頭の中の空想を膨らましただけ。そして利権。

霊界(亜空間)が有ることで、今まで何度か生まれ変わって来ました。

地球は(流刑の地)で実験に失敗した多くの、高等生命体の科学者が星流しの刑にあい、来るところでした。

流された科学者は、もとの仲間の高等生命体によって、死んだときに、魂の回収をされる事から逃れる為に、

(宇宙人は約2万年の寿命がありますが、死んでしまうと、元の集合体最高生命体に吸収、統合されるそうですゼロからの始まり)

そうなると、また同じ12000IQ の科学者になるためには地球時間で六万年の月日がかかるため、その逃げ策として、

最高生命体と自分達、科学者中のひとりを結合させます。人身御供的なものでした。
一人の科学者に押し付けたという感じになりました😓。

それによって、地球に最高生命体である天照大神を創り亜空間技術で霊界を創ったと言われています。ここで一人の科学者が、アマテラスさんになります。

高等生命体が合体したことから天照大神は女性神として表現されていますね。
最高生命体は本来中性なので本当はどちらでもないですが、女性が加わっただけ女性よりに。

八咫鏡(ヤタノカガミ)の上に、草薙剣をかざすと天照大神が現われるそうです、現在その儀式ができるのは、今の表の天皇家には居ないそうです(強大な力により死んでしまいます)。
(現代社会での公務、表の対応をしているため)

平気で、草薙の剣を抜けるのは、
明治のすり替えの時、京都から四国に行った四国の裏天皇だけである事。
実際は表に出ない八咫烏(ヤタガラス)内で、いつでもなにかの時には、天皇となれる教育はされていると言うことです。八咫烏については、後に。
八咫鏡、八咫烏、、、、、、

ここからは今、伝えらている内容です。

天照大神(あまてらすおおみかみ)
は、日本神話に登場する神で、日本人の総氏神ともされています。

天岩戸の神隠れで有名です。太陽を神格化した神であり、皇室の祖神(皇祖神)
とされる。
太陽を司る太陽神、天皇の祖神。
伊勢神宮の祭神です。そして何よりもここには、八咫鏡(ヤタノカガミ)がまつられています。

神様とは、恵みを与える和魂(にぎみたま)と、
災いをもたらす荒魂(あらにたま)が混在すると、人間の世界では言われていますが、
太陽だけは人に災いをもたらさない。これが太陽神であるアマテラスの偉大さ。
天皇はこのアマテラスを祀り、国民の繁栄と世界平和を祈願している。(裏天皇がしている)

アマテラスが、高天原(天界)から、
葦原中国(地上)へ降り立ったニニギノミコトに命じた
三大神勅がある。

その一つが、宝鏡奉斎の神勅(ほうきょうほうさいのしんちょく)。

御子である天忍穂耳尊に授けられたお言葉です。
アマテラスは鏡を渡し「この鏡を私だと思って、自分を映し、自省しなさい。

もし、私欲により民を苦しめるような

我が映ったならば、その我を取り除きなさい。
そう伝えた。

かがみ(鏡)から「が」を取れば、
かみ(神)となる。

こうして、鏡を祀り感謝を届け、新たな決意を行い、最後に祈願する。

これが神社と参拝の始まりである。
正しい参拝とは、最初に「感謝」し、そして「決意」し
最後に「祈願」する。

天皇は、国民の繁栄と世界平和を祈っている。(裏側が)

何事もなく平和に過ごせることへの感謝と、この国の君主である自覚のもとに
民の繁栄を祈願しているのである。

またアマテラスは国譲りの際、オオクニヌシに次のように伝えている。

「汝ウシハクこの国は、我が御子のシラス国ぞ」と。

「ウシハク」とは争うことによって国を治めること。
そうすると、民衆は強者の所有物になってしまう。

アマテラスは「シラス国」だと言った。

シラス国とは知らせる。

情報を公開し、皆んなで話し合い物事を決める事。
人はそれぞれ価値観が違う。
だから、一人で物事を決めてはいけない。
みんなが決めた事を天皇が発表するのを【詔】(みことのり)と呼ぶ。
つまり、一度皆んなで決めたことには従いなさい。
これが詔の意味である。

アマテラスは慈愛に満ちた民衆が主役の民衆のための国にすると言ったのだ

これからは民衆が主役となる慈愛で満ちた国を作るのだと。

ここまでで、銀河から生命体の誕生、そして地球に天孫降臨。
最高生命体と合体した科学者アマテラスの誕生。教えてもらい霊界(亜空間)を作る。
中等生命体から下等生命体落とされ、日本と、ギリシャにたどり着く。

新たな展開。
天皇とイエス。

ヤコフ(892)が天皇から子供を預かってマリアに預けた子がイエス。 

天皇と中等生命体との子供
諏訪大社はモーゼの神社

再生後は、13階層ある上から3つだけ残し、後は消滅。
ここが問題です。魂は宇宙にふわふわ浮いた状態、もしくは消滅です。
亡くなった人は、最高生命体に吸収されます。

再生後には、今まで転生した時に経験を積んだ事や、今現在縁のある魂とは関わることもなく、再生後そういった作業は行われないと言われています。
元はひとつだったと考えれば皆が一緒になるだけで、意識はないですが、最高生命体の一部=神=皆、合体。戻る感じでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました