ジュラ紀、恐竜じゅら〰️❗️🤠

ジュラ紀は現在から約1億9960万年前にはじまり、約1億4550万年前まで続く地質時代である。 恐竜の時代
スイス北部にあるジュラ山脈に由来します。

大陸パンゲアが分裂し、大陸の間に海水が流れ込んで、海水準(かいすいじゅん)が次第に上昇した為、乾燥気候から湿度の高い熱帯気候に変化した。

〇海水準変動とは?
海水準(簡単に、陸地に対する海面の高さの事)、
静止したときの海面。
実際の海面は波、うねり、潮汐などで絶えずゆれているので、海面の長期観測によって高さの平均値を求め、
平均海水面で表す。

平均海水面は、いち地点では常に等しい高さを示すので、海抜 0mとして等高線の基準に用いているそうです。

日本では東京湾にこの原点が設置されている(東京湾平均海面)。

海面は地質時代から今日まで高低の変化が認められ、これを海水準変動といいます。🤔

原因は、地形の隆起や沈降の場合と、
海水面の昇降による場合があり、

後者の場合は、今日ある氷河が全部溶けたとすれば海水面が、約 50m上昇すると計算されることから、気候の変動によって起こることが考えられる。(海面変化)

これが温暖化の闇の答えになるとおもいます。です❗️😆
海面上昇は、陸の隆起、沈降も原因になる可能性がある、氷河が溶けると言う一方の原因だけとは、限らないし、今は氷河期ならなおさら。

もうひとつ、海面に影響する干潮、満潮。の話で少しそれますが、気になっていて、興味深いので😄

人は干潮、満潮で死んだり、生まれたりする。

千年以上も前に陰陽師が作った、
死期(息を引き取る時刻)を知る表があります‼️

宇宙の法則に基づいて作られているのです。まず1ヶ月を上旬・中旬・下旬とに分けますてます。

英ちゃんの高野山真言宗

さんからの早見表です

何日か、予想してみて表を見ると、息を引き取るのは、4回の時刻のどれかと言うことになります。

実際に医学の発達した現代においても、臨終の患者を抱える医師は、この時刻を気にするそうです、目安でしょうけど。

この表は月の出入りと、潮の満ち引きから割り出しています。

昔から人が生まれるのは満潮の時で、
死ぬのは引き潮の時だと言われています。

昔の産婆さんは、干満表を見て、子供の生まれるタイミングを見ていたそうだし。

潮の満ち引きが、月の満月と新月によって起こります、それと人間の生死に深い関係があることは意外に知られていないようです。

月の自転の周期は28日。女性の生理周期も同じです。

潮のリズムと呼吸のリズムは同じらしく、人間の体液の成分は、海水の成分とほぼ同じらしいです。
私たちは宇宙と言う法則の中で生きている。( ̄~ ̄;)

宇宙の法則の中にも突然変異ということがあって。知死期の突然変異とは
畏(い)、
厭(おう)、
溺(でき)、だと言います。

畏(い)と言うのは自殺で亡くなること。
厭(おう)と言うのは押し潰されて死ぬことつまり圧死のことです。
溺(でき)と言うのは水死のことです。

この3つの死に方は変死で、
変死という突然変異は、知死期の法則があてはまらない。
潮の満ち引きに関係なく死が訪れるからです。
知死期の法則に反して亡くなっている為に成仏できず不成仏霊に成り易いそうですよ‼️

人間の体に、最も強く影響をするのが、新月と満月。

その時期は、身体中の血液が逆流し、精神的に不安定になったり、攻撃性が高まったりする事が、研究で分かっているそうです。

たとえば、28日間で皮膚は生まれ変わる。
だから皮膚病の薬は28日間つけなけ、ればいけない等、

内臓の器官はほとんどが月の偏、つくりなどがつく。
 肺 心臓 大腸 膀胱 胃 筋肉 骨

そう、思うと江戸時代まで使っていた 太陰暦がしっくり来て、ひと月が28日の13ヶ月。太陽歴ではちょっと狂う。
月に合わせて作られているのだから。もう1つの言うと、月がないと子供も生まれません🙊。

この辺りにして、元に戻ります。

ジュラ紀❗️

哺乳類は小型のものが生き残り、陸上では巨大恐竜や翼竜が栄え、
さらに鳥類が出現します。
爬虫類と鳥類をつなぐ始祖鳥もこの時です。
また、最初のカエル類も登場してきます。

海では、首長竜が特に栄えたほか、新骨魚類が初めて登場。
首長竜の、プレシオサウルスが有名です。
真骨魚類とは、現在見られる魚類とほぼ同じで、浮き袋が現在のに比べて、発達しています。

ジュラ紀の植物は、シダ種子類が姿を消し、完全に裸子植物の時代となります。
植物に年輪のあるものが現れ,
四季や気候帯がこのころからはっきりしてきたため、緯度による植物分布が明確になってくる。

地形のは、パンゲアが分裂し
現在の大陸配置に近づいてきています。

新説その3

旧約聖書に2000回ほど出てくる言葉があります。
Elohim(エロヒム)。
エロヒム という言葉はヘブライ語で
天空から降りてきた人々という意味。

コメント

タイトルとURLをコピーしました