デポン紀、大量絶滅‼️

デポン紀

石炭紀の前で、約4億1600万年前から約3億5920万年前までの時期。

よ❗️いつもの😏、イギリス南部のデヴォン州に分布するシルル紀の地層と石炭紀の地層にはさまれる地層をもとに設定された地質時代。 

地球は温暖で、大陸が大きくなるにつれ、乾燥した地域が内陸に広がりました。

デボン紀に、動物たちは本格的に陸上へ進出することになります。

何故に?好奇心から?🙄
脳ミソないんちゃう?

後期には最初の両生類(気持ち悪い奴ね😫)が出現し、脊椎動物が陸上進出を果たしました。

また、海では顎のある魚類が発展し、
アンモナイト類が、オウムガイ類から進化しますが、
無顎魚類がほぼ絶滅した事件。
フデイシ(筆石)類も大半が姿を消しました。
2回目の大量絶滅が発生です‼️こちら本部、直ちに急行してください。😅

海生生物種の60%(80%と言うかたも)が絶滅している。

隕石が衝突したことがわかっていますが、大量絶滅の原因としての決定打とまでは言いきれ無いそうです。

酸素濃度が高くなり、森林火災が多発したためとか、
当時まだ腐敗菌の活動が活発ではなくて、シダの大森林が大量の枝葉を落としたため、
浅瀬にすむ生物のすみかが無くなったからとか、これは大量絶滅にしたらちょっと弱い😒
気分で、やられたか、ちょっと進化の仕方がちゃうわ〰️、作り直しや❗️ドン!グシャ‼️🙈🙈🙈🙈🆘🙈🙈🙈🙈

このときの
水中では、板皮魚類(ばんぴぎょるい:かっちゅう魚)

棘魚類(きょくぎょるい;トゲを持つ魚)

軟骨魚類(なんこつぎょ:サメ、エイの仲間)

肉鰭類(にくきるい:肺魚、シーラカンスなど)が現れました。
にくきるいとは、ヒレに肉がある。

強力なアゴを持つようになった魚類は脊椎動物として始めて生態系の頂点に立ちます。

何故に捕食する事に成ったんでしょうね、元々共存してたのに、いつ食べたんでしょう?聞いてみ?🙉

デボン紀を代表する魚、板皮魚類ダンクルオステウス(ディニクチス)。体長3メートルから6m。

デボン紀のサメは現生のサメとよく似た姿でしたが、アゴが口先にあるのが特徴です。

陸には
コケやシダの仲間が陸地を覆い、高さ数10mを超すシダ植物が森林をつくるようになりました。

淡水域にすむシーラカンスや肺魚のような肉質のヒレを持つ魚類(肉鰭類:にくきるい)から、
脊椎動物で初めて4本足を持つ生物、
両生類(りょうせいるい)が現れました。

何でヒレを持つ魚が、4本足を持つようになったのか?🙄
この時代に森林を作っていたシダ植物が原因ではないかという説。

デボン紀の巨大なシダ植物が、枝ごと葉をボトボト落としていたため、
淡水域にすむ魚たちは堆積する枝付きの葉を掻き分けて泳がなければならず、ヒレの中に丈夫な骨をつくったのではないか、という説です。

現在では川や池に落ちた植物は微生物などが沢山居て、すぐに腐って分解されてしまいますが、
デボン紀には生物を分解するサイクルが現在ほど強固ではなかったため、腐らずどんどん堆積、
泳ぐことすらできないほどだったとか・・。聞いてみ😒

この皆名前だけよく知るシーラカンスですが、😅
後現在に至るまで体の基本的な構造をあまり変えないまま生き延びている、

4億年!

これほど長い時間を生き抜く生物というのはそうそういないから有名?🙄

シーラカンスは”生きた化石”の代表的存在として認められてきました。
中生代の終わりから以後、化石が発見されなくなる。
したがって長い間、シーラカンスは恐竜やアンモナイトと共に6.5千万年前までに絶滅して、地球上から消え去ったと考えられてきてました。

ところが1938年12月22日、生きたシーラカンスの個体がトロール船によって、
南アフリカのカルムナ川の、河口の町イーストロンドンの港に水揚げされ、大騒ぎになりました。

そうしたら、インドネシアのスラウェシ島でも発見、捕獲されました。

これに対しフランスの研究者らが、主として分子生物学的なデータに基づき?🙉
アフリカ沿岸のものとは別種であるとして、別の学名Latimeria menadoensisを付けて発表した。

すなわち現存する生きたシーラカンス現在世界に2種類と認められたのである。

シーラカンスはいずれも水深200m前後の大陸棚斜面において、
海中洞窟などで生活し、水深50mから600m前後までかなりの上下移動をすることが判明しています。

デポン紀は、大規模絶滅、新しい両生類が誕生したりなかなか、派手ですが、少しワクワクしない😒

ごめんなさい🙊🤫🤫🤫🤫🤫(。>д<)

コメント

タイトルとURLをコピーしました